濃いコーヒーの名前は?メニューの種類や違いを一覧表でわかりやすく紹介するよ!

コーヒーのメニューには、甘いものや、薄めのもの、濃いものなど、コーヒーひとつとってもいろんな種類がありますよね。

集中したいときや眠くなりたくないとき、私は濃いコーヒーが欲しくなりますが、みなさんはどんなときに濃いコーヒーがほしくなりますか?

今回は数あるコーヒーメニューの中から、いくつかの種類を一覧表にし、味の違いを詳しく分かりやすく紹介していきます。

濃いコーヒーの名前は?

濃いコーヒーって聞いたら、どんなコーヒーが思いつきますか?

おそらく、エスプレッソと答える人が多いかなと思います。

ですが、実はカフェインの量を比べるとエスプレッソは少ないんですよ。

味は確かにエスプレッソが濃いですよね。

ですが、コーヒーのカフェインの量で比べると、アメリカンコーヒーが多いんです。

それは、豆の焙煎によって変わるからなんですよ。

コーヒー豆は、焙煎時間が長ければ、カフェインは少なくなります。

なので、エスプレッソは、時間をかけて豆を焙煎する深煎りの豆を使うため、カフェインは少なくなるんです。

逆に、アメリカンコーヒーは、焙煎時間が短い浅煎りの豆を使うため、その分カフェインが多くなるんです。

ちなみに私はドリップで入れたブレンドが一番濃いと思っていたので、とても意外でした。

 

アメリカンコーヒーってなに?

よくきくアメリカンコーヒーですが、ブレンドコーヒーにお湯を入れたものだと思っている方、いませんか?

実は私はそう思っていました。なので、当然薄いコーヒーだと信じていました

ですが、実際は違うんですよね。

アメリカンコーヒーとは、アメリカの西部のほうでは「ウィークコーヒー」と呼ばれていて、焙煎度の浅い豆を使ってお湯を多めに淹れて作るコーヒーのことなんです。

コーヒーの豆は、焙煎が深いほどカフェインが減っていきます。

なので、浅煎りの豆で作るアメリカンはカフェインが多いんですよ。

メニューの種類や違いをひと目でわかりやすく紹介!

コーヒーの種類って、こんなにあるんですよ。表にまとめてみました^^

メニュー/入ってるもの

ブレンド

エスプレッソ

お湯

フォームミルク

スチームミルク

生クリーム

ドリップ

チョコレートシロップ

コンデンスミルク

ブレンドコーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカン

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカーノ

 

 

 

 

 

 

 

エスプレッソ

 

 

 

 

 

 

 

 

エスプレッソ・コンパナ

 

 

 

 

多め

 

 

 

エスプレッソ・ドッピオ

 

2杯

 

 

 

 

 

 

 

エスプレッソ・コルタード

 

 

 

エスプレッソと同量

 

 

 

 

エスプレッソ・マキアート

 

 

スプーン1杯分

 

 

 

 

 

レッドアイ

 

 

 

 

 

 

 

ブラックアイ

 

2杯

 

 

 

 

 

 

カフェラテ

 

 

少なめ

多め

 

 

 

 

カフェモカ

 

 

 

ある場合も

 

 

カフェボンボン

 

 

 

 

 

 

 

カプチーノ

 

 

 

 

 

 

カプチーノ(ウェット)

 

 

カプチーノより少なめ

カプチーノより多め

 

 

 

 

カプチーノ(ドライ)

 

 

カプチーノより多め

カプチーノより少なめ

 

 

 

 

ウインナーコーヒー

 

 

 

 

 

多め

 

 

 

さくら
 ひとつひとつ詳しく紹介していきますね

 

ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーは、焙煎度がほとんど変わらない豆を3~4種類ほど混ぜ、酸味や苦みのバランスをとれた味を作るコーヒーのことです。

お店によってブレンドされている豆は違うので、興味がある方は店員さんに聞いていみるといいですね。

 

アメリカン(アメリカーノ)

アメリカンは、浅煎りのコーヒー豆を使って多めのお湯で淹れるコーヒーのことです。

また、アメリカーノとは、エスプレッソコーヒーにお湯を入れて飲むドリンクのことで、アメリカンとは違うコーヒーです。

 

エスプレッソ

エスプレッソは、イタリアで生まれたコーヒーです。

エスプレッソ豆を極細挽きにして、エスプレッソマシンでグッと圧力をかけてお湯を瞬間的に通して抽出しているのが、エスプレッソです。

量は少ないですが、短時間で淹れるコーヒーなのでその分雑味がなく、コクや苦みなどのバランスが取れているコーヒーです。

ちなみに、味は濃いですが、カフェインは少ないです。

 

エスプレッソ(コンパナ・ドッピオ・コルタード・マキアート)

エスプレッソは、カスタマイズしやすいドリンクですなんですよ。

例えば、コンパナはクリームという意味なので、エスプレッソ・コンパナといえば、エスプレッソに生クリームを乗せたコーヒーになります。

また、コルタードとマキアートは、ミルクの量は違えど、エスプレッソにミルクが入るドリンクです。

逆に、ドッピオとは、ダブルという意味があり、その通り2杯分のエスプレッソになるんですよ。

 

レッドアイ

レッドアイとは、エスプレッソにドリップコーヒーをいれたコーヒーのことです。

 

ブラックアイ

ブラックアイとは、2杯分のエスプレッソにドリップコーヒーをいれたコーヒーです。

 

カフェラテ

カフェラテは、エスプレッソに、たっぷりのスチームミルクとふわふわのフォームミルクが少し入っているコーヒーです。

カフェラテとカプチーノの違い!ネスカフェバリスタやカフェオレ・カフェモカのカフェインや甘さも比較!

2018.12.19

 

カフェモカ

私、実はカフェモカにはまった時期があるほど、一時期大好きでした。

今も甘さが欲しい時には必ずオーダーします。

カフェモカは、ココアの風味に似たモカコーヒーに似せたコーヒーなので、チョコレートシロップが入ります。

また、カフェモカには生クリームをトッピングしてあるお店も多いですね。

 

カフェボンボン

カフェ・ボンボンは、コンデンスミルクとエスプレッソを混ぜたものです。

ちなみに、とても甘いコーヒーなので、甘いものが好きで、エスプレッソの苦さが苦手な方にはおすすめですね。

 

カプチーノ

カプチーノは、エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクが1:1の割合で入ったコーヒーです。

カフェラテとカプチーノの違い!ネスカフェバリスタやカフェオレ・カフェモカのカフェインや甘さも比較!

2018.12.19

 

カプチーノ(ウェット・ドライ)

カプチーノはカプチーノでも、特にウェット・カプチーノとドライ・カプチーノの二種類を紹介しますね。

ウェットとは、普通のカプチーノよりもミルクを多く入れてあるものなんです。

そして、ドライは逆にカプチーノよりもミルクを少なめに入れてあるものです。

普段のカプチーノよりちょっと変えて飲みたいときは、ウェットかドライをオーダーしてみてくださいね。

 

ウインナーコーヒー

ウインナーコーヒーと聞くと、私は学生時代に先生から聞いた吉幾三の話を毎度思い出してしまうんですが、決してウインナーを添えたコーヒーではないですよ!念のためです。

さて、ウインナーコーヒーは、オーストリア発祥といわれていて、ウィーンのコーヒーということでウインナーコーヒーと呼ばれています。

ちなみに、現地ではアインシュペナーというコーヒーがウインナーコーヒーに違いそうですよ。

ウインナーコーヒーは、ドリップコーヒーに生クリームを乗せたドリンクです。

ちなみに、エスプレッソ・コンパナのドリップコーヒー版と覚えるとわかりやすいですね。

ウインナーコーヒーの間違いない飲み方と作り方!名前の由来はソーセージと関係ある?

2018.11.29

あとがき

今回は、いろんなコーヒーについて一覧表を使いながら紹介してみました。

カフェボンボンやコンパナ、レッドアイやブラックアイなど、まだ出会ったことがないものもありました。

メニューにコンパナがあったら、ぜひ飲みたいなと思っています。

皆さんが気になったコーヒーはありましたか?ぜひ参考にして飲んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です