カフェオレとコーヒー牛乳の違いや割合とは?ミルクコーヒーも比べてみた!おすすめも紹介

「カフェオレ」・「コーヒー牛乳」・「ミルクコーヒー」など、どれも見た目も味も似ているけれど、何か違いや割合のルールはあるのでしょうか?

今回は「カフェオレ」・「コーヒー牛乳」・「ミルクコーヒー」を比べてみた他に、おすすめのおいしいミルクコーヒーやコーヒー牛乳もご紹介します!

カフェオレとコーヒー牛乳の違いと割合は?

 

カフェオレとコーヒー牛乳、飲んで味の違いわかりますか?ちょっとむずかしいですよね。

でも名前が違うからには何か違いがあるはず!と思い調べてみました。

 

・コーヒー牛乳

コーヒー牛乳は、牛乳などの乳製品にコーヒーおよび砂糖などで味付けした飲料の通称、だそうです。

つまり、コーヒーと牛乳を使っていたらすべてコーヒー牛乳と言っても間違いはなのです!

 

・カフェオレ

カフェオレはフランス語でcafé au lait(カフェ・オ・レ)コーヒーと牛乳という意味です。

こうみるとコーヒー牛乳とまったく同じ?と思いますが、カフェオレは、濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳同量を、カップに同時に注いだもの、というルールが一応あります。

ただざっくりとしたルールなので、すこし比率が変わっても、同時に注がなくっても「これはカフェオレじゃない!」なんて言う人はいないので気軽にたのしんでください。

 

こうして調べてみると、カフェオレとコーヒー牛乳はほとんど同じものですがコーヒー牛乳の方が決まりがゆるく、「コーヒー牛乳」のくくりの中に「カフェオレ」が入っている感じのようです。

ミルクコーヒーとコーヒー牛乳の違いは?

 

ミルクコーヒーとコーヒー牛乳は名前の順番が違うので、注ぐ順番にルールでもあるのかなと調べてみると……。

基本的にまったく同じ物でした!

お家で作る時にはミルクコーヒーでも、コーヒー牛乳でも好きな方で呼べます^^

 

ただ、2000年におきた雪印の牛乳による事件を機に2003年に決められた飲用乳の表示に関する公正競争規約が改訂されて、商品名に牛乳をつけられるのは生乳100%の商品だけと決まりが出来たので、「コーヒー牛乳」という商品名は今は無くなってしまったんですね。

なので、今お店で売っているコーヒー牛乳は「ミルクコーヒー」や「カフェオレ」と表記されていますよ。

おすすめのミルクコーヒー(コーヒー牛乳)を紹介

 

ネットで買えるおすすめのミルクコーヒー(コーヒー牛乳)をご紹介します!

どれもおいしく、コーヒーが苦手な人も飲みやすいお味になっているのでおすすめですよ!

他にも飲みやすい缶コーヒーを紹介している記事もあるので、参考にしてくださいね♡

初心者でも飲みやすい缶コーヒー5選!おすすめや種類を紹介します

2018.12.03

 

「白バラ コーヒー」

容量:1000ml

パッケージ:紙パック

生乳70%使用と、ミルクの分量が多目でとてもマイルドなコーヒー牛乳です。

飲みやすいサイズもありますよ☆

さくら
ふんわりした感じの、上品な甘さが楽しめますよ 

 

「チチヤス ちょっとすっきり ミルクコーヒー」

容量:250g

パッケージ:缶

このミルクコーヒーは牛乳だけではなく、生クリームも入っているんです!

とてもまろやかな味わいですっきりとした甘さのミルクコーヒーですよ。

紙パックもあります♡

 

「千本松牧場のミルクコーヒー」

容量:1000ml

パッケージ:紙パック

カフェインレスコーヒーをつかっていて、しかも砂糖不使用なのに、ほんのり甘いミルクコーヒー!

コーヒーが苦手な人でもミルク感たっぷりで美味しく飲めますよ。

飲みやすいサイズも展開してます♡

あとがき

カフェオレ・コーヒー牛乳・ミルクコーヒーどれもほとんど同じ物だったんですね。

おしゃれなお店で飲んでも、カフェオレとコーヒー牛乳の味の差がわからないとドキドキしていたけれど、わからないのは自分だけじゃなくてほっとしました。

ブラックコーヒーばかりだと胃が疲れてしまうので、おいしいミルクたっぷりのコーヒーもぜひ試してみてくださいね!

コーヒーの苦みが苦手~~と言う方はこちらの記事もどうぞ☆

コーヒーが苦いのはなぜ?その理由や苦みを抑える方法を調べてみた!

2018.11.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です