私立幼稚園の補助金は年収で決まるの?いついくらもらえるのか調べてみた!

公立の幼稚園に通わせたいけれど、残念ながら公立の幼稚園が少ない自治体が多いようです。

そのため私立幼稚園では補助金の制度があるのですが、実際にはいくら位もらえるの?と気になる人も多いですよね。

今回はそんな私立幼稚園の補助金について、詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

私立幼稚園の補助金は年収で決まる?いつもらえるの?

私立幼稚園の補助金は正式名称を「私立幼稚園就園奨励費補助金」と言います。

私立幼稚園の入園費と月謝を対象に自治体が補助を行っているものです。

多くは毎年12月から3月頃に手渡しか振り込みによって幼稚園から支払われています。

年収で補助金の金額が決まるというのは間違いではありませんが、世帯の所得税金額が大きく関わっています。

「私立幼稚園就園奨励費補助金」についての詳細はこちらからもどうぞ。

詳しい手続きや引っ越した場合、制度の内容も詳しく載せているのでぜひ参考にしてくださいね^^

私立幼稚園の保育料無償化の最新情報はこちらからどうぞ☆

幼稚園の無償化最新情報!私立はいつから?所得制限・専業主婦は不公平なの?

2018.07.17

私立幼稚園は公立よりもお金がかかる!

補助金が出る位だから、私立が公立よりお金がかかるのはわかるけれど、では実際にどの位お金がかかるの?と思いますよね。

実際に例を挙げていくと・・・

<入園費>

公立→0~2万円程度

私立→3万から10万程度(有名なところだとウン十万ほどかかります;)

<毎月の月謝>

公立→18000円程度

私立→25000円~45000円

※給食費は入っていません。(目安としては1食300円前後)

他にもバス代、冷暖房費、遠足代など別途かかることがあります。

<制服・教材費>

公立→10000~20000円程度 

私立→30000円~60000円程度

※私立でも制服など揃えるものが少ない幼稚園は制服代もお安めです。

ほぼ体操着と遊び着の幼稚園もありますからね。

うちの息子の幼稚園は遊び着、体操着、カバン、ブレザー、帽子などなどフルセットで高額でした;

ほかにも施設費やら巾着など制作するものもあったり、ママさんのお付き合いがあったりと想定外の出費もあります。

そのあたりの費用については、詳しくこちらの記事に書いているので参考にしてください。

かなり細かく費用について説明していますよ^^

実は平成26年度から補助金の額が増えたようなんですが、実はうちの周りの私立幼稚園ではそのころから月謝も3000円前後上がっています;

3000円増えたとして、年額で36000円。

補助金が具体的にどの位増えたかはわかりませんが、なんとももやもやしますよね^^;

私立幼稚園の気になる補助金の金額は!

 

では具体的にいくら位補助金が受け取れるのか、ということについて説明していきますね。

自治体によって基準は様々なので、ざっくりとしたまとめになりますが、参考までにどうぞ。

 

まず、以下の世帯については補助金額の上限(これも自治体によって違いますが)である308000円を受け取れるところが多いようです。

・生活保護世帯

・非課税世帯(大体年収が約270万円以下の世帯)

・ひとり親世帯

 

次に住民税の所得割額の金額と年収の目安で説明していきます。

「住民税の所得割額」は自分で簡単に知ることができます。詳しくはこちらの記事で確認してくださいね。

○住民税の所得割額が77100円以下の世帯(大体年収が360万円以下の世帯)は100000円~180000円程度

 

○住民税の所得割額が77101円~211200円(大体年収が680万円以下の世帯)は50000円~100000円程度

 

○そして、住民税の所得割が211200円を超えてくると、補助金がもらえない自治体も出てきます。

 

また、上記は全て第一子の目安ですので、第2子以降だと上記の金額より多くもらえる場合がほとんどです。自治体によっては第2子から308000円だったり、第3子以降は308000円というのも良く目にします・・・。

ただ上の子の歳が離れていたり、小学校○年生以上だと第一子の金額になるなど、これも自治体によって細かく決められています。

 

住民税の所得割額だけの単純な計算ではなく、扶養親族の人数も関わってくるところもあります。

こればかりは自治体によって様々なので、上記に挙げた金額の例はあくまでも参考までにしてくださいね。

まとめ

私立幼稚園の補助金について、年収で金額が決まるのか、いついくら位もらえるのかということについてでした。

もらえる金額ってとても気になるものですよね。私は住民税の所得割額を参考に自分で計算してみましたよ。

年末に支給されましたが、ほぼ金額通りで結構いただけました^^

 

それでは今回のポイントのおさらいです。

POINT

□私立幼稚園の補助金は正式名称を「私立幼稚園就園奨励費補助金」という

□私立幼稚園は公立の幼稚園よりも月謝や入園金、その他でお金がかなりかかる

□私立幼稚園の補助金の金額は年収というよりも、支払っている住民税の金額で決定されることが多い

□私立幼稚園の補助金は、大体が12月~3月に手渡しか振り込みによって幼稚園から支払われる

□補助金の金額は、住民税の所得割額と第何子か、扶養親族の数など自治体で決められた基準で金額が決定される

 

いろいろ物入りな時期に、助かる収入ですよね。

兄弟が多いご家庭だと、かなりのボーナスになるのでは?と思います^^

税金が絡んだりする話だと、少し面倒に感じてしまいがちですが、金額が気になる場合はぜひ一度お住まいの自治体サイトをチェックしてみてくださいね。

ではまた。

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です