スタバの正社員になるには?給料・年収・倍率・仕事内容はバイトと違うの?

今回はスタバで正社員になりたい!という人の為に情報をまとめました^^

気になる給料や年収、倍率についてや、アルバイトと社員の仕事の違いも紹介しています。

アルバイトから社員になれるのか、中途採用の募集はあるのか?

憧れのスタバで働く道をいろいろとご紹介します!

スタバの正社員になる方法とは?

 

スタバで働くかっこよくておしゃれなスタッフ、スタバファンなら憧れる人も多いですよね☆

そんなスタバで、アルバイトではなく正社員になるための方法を紹介します。

 

方法は2つ!

新卒の募集を公式サイトでしているのでそこから応募する。

アルバイトから契約社員、正社員へとステップアップしていくことです。

ではそれぞれについて詳しく説明していきますね。

 

新卒から正社員になる

新卒でスタバに就職すると、実際にお店で経験を積み、お客様や地域コミュニティとのつながりを大切に育てながら「スターバックス体験(感動経験)」を体感していくことになります。

人と触れ合うことで感じることを、実際に体験していくということですね。

話を聞くだけよりも実際に体験してみなければわからないこと、理解できないことを身をもって体験できるのはいいことですね。

採用後はお店とスタッフ(スタバではパートナーと呼びます)を共に成長させることのできるスタバビジネスを店舗で働きながら学んでいきます。

新卒のバートナーは約3年でストアマネージャー(店長)に昇格し、リーダーとして経験を積むことを目標にしていきます。

興味のある人はぜひ公式サイトから応募してみてくださいね><

アルバイトから正社員になる

ふたつ目はアルバイトから正社員へ上がれる社員登用の道です。

はじめにお伝えしておきますが・・・

こちらはすっごく長い道のりになります。

 

まずアルバイトをはじめて1ヶ月は、モジュールというトレーニングを行います。

一日の勤務時間は4時間ほどでシフトが組まれます。

モジュールがすべて終わるとバリスタ認定という試験を受けることができ、それに受かるとバリスタと認定されます。

そこから先のスキルアップは個人の努力が必要になってきます。

 

バリスタになると年に3回人事考課があって、ストアマネージャーと面談をします。

仕事ぶりや行動が認められれば昇給でき、期待に反する行動だった場合は降格になります。

 

バリスタのレベルは4段階。

毎回昇格することができても、最低1年以上かかることになります。

一番上のレベルになり、時間帯責任者になりたいという本人の意思とマネージャー全員からの推薦、そしてさらに地域を統括しているマネージャーと面談をし、クリアすると時間帯責任者になることができます。

時間帯責任者とは、現金の管理や商品の発注を行う人のことで、ひとつの店舗に数人います。

 

時間帯責任者の人事考課は年に2回行われ、一つのバンドを上げるのに最低一年はかかります。

ということは、一番上に上がるまでに3年はかかることになります。

 

そして、一番上のバンドになり面接を受けて合格することができれば、晴れて契約社員へとなります。

 

契約社員から正社員を目指すには、ストアマネージャー(店長)を目指すことになるので、最低でもそこから3~5年の経験が必要です。

アルバイトから正社員への道のりは驚くほど遠いです。

最低でも10年はかかります。

契約社員になれるアルバイトは、希望者は多いですがそう簡単にはなれないので、正社員はもっともっと難しい道ですね。

 

スタバでアルバイトから正社員になるということは、すごく大変な道のりなんですね。

ちょっとビックリしました^^;

アルバイトの人でもブラックエプロン保持者は優遇されるとかないのでしょうか・・・

スタバで黒エプロンの人は時給が高い?星の意味と店舗にいる人数について!

2018.09.13

コーヒーやスタバのドリンクについての知識があっても難しいということなんでしょうね><

心底スタバが大好きでコーヒーを愛している人にしかなれないなーと思います。

スタバの正社員の給料や年収

調べてみたところ、スターバックスコーヒージャパンの年収や給料については様々な数字があり、職種や年齢によっても差がありました。

一部の例ですが、平均年収は508万円でした。

年度別の年収は、

平成26年:545万円

平成25年:543万円

平成24年:524万円

平成23年:549万円

平成22年:470万円

 

月収は約42万円。

同年代のお給料にしては少しお安いかな?と言った印象で、「ものすごく給料が高い!」という企業ではないようです。

スターバックスコーヒージャパンについてですが、1971年にアメリカで生まれた世界規模で展開しているコーヒーチェーン店運営を行う日本法人です。

今では世界各国にありますよね^^

日本でも、どこへ行ってもスタバはあります。

それだけメジャーで人々から愛されているカフェで働けるというのは、とても価値の高いことじゃないかと思います。

仲間とともに成長し続け、成功をわかちあうをモットーにしているので、働きがいもありそうです☆

そして、スターバックスは福利厚生がしっかりしています。

健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・確定拠出年金・財形貯蓄・転勤社員借上社宅制度・CPUファンド・パートナー割引・パートナードリンク・週一回コーヒー豆100g支給・ベネフィットステーション(福利厚生プログラム)・など

お給料よりも福利厚生の面を重視する人もいますから、こういったところはぜひチェックしておきたいポイントですよね^^

正社員の倍率はすごい?!

調べてみたところ、正社員や中途採用の倍率の数字はわかりませんでした。

ですが、先に説明もした通り、中途採用やアルバイトから正社員になるのはとてもとても狭き門となります。

一番可能性が高いのは新卒で入ることです。

アルバイトは、お店にもよりますがだいたい5倍から20倍と言われています。

アルバイトで入れても、そこから正社員になるのに10年はかかるので、やはり新卒での就職が一番現実的でしょうね^^;

アルバイトと正社員で仕事内容は違うの?

アルバイトとして働く場合は、まずはバリスタとして主に接客をするのが仕事になります。

お客様をもてなし、スターバックス体験を提供するのがアルバイトのお仕事。

 

さらに、アルバイトの中でもトレーナーとなって新人のトレーニングをしたり、時間帯責任者として商品の発注やシフトの管理、さらには店長とともに店舗運営のマネジメントにも携わることができます。

社員登用試験にチャレンジできるのも、時間帯責任者になってからになります。

 

正社員は、入社4年目からキャリアを選択することができます。

始めは転勤のある「グリーンエプロンアンバサダー」で転勤を通じて、様々な地域で経験を積み、

4年目以降は、地域に根差した転勤のない「グリーンエプロンエキスパート」を選択することができますよ☆

結婚や出産などのライフステージに合わせて選ぶことができるので、女性でも働きやすい職場環境といえます。

さくら
自分に合った働き方を選択できるのは、働く人にとってはとてもいい環境ですよね。

あとがき

スタバで正社員になるための方法のまとめでした^^

一番の近道は新卒での就職でしたね。

大学生でスタバでアルバイトをして、知識をつけておくのもオススメです!

就活の時に役立つことが多いようなので、ぜひ検討してみてくださいね☆

詳しくはこちらからチェックしてください^^

スタバでアルバイトしたい!主婦もOK?評判や大変さ、面接や時給も調べてみました!

2018.04.23

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です