スタバのコーヒー豆の値段と買い方は?挽いてくれる場合の賞味期限や人気ランキングも!

コーヒー豆って、女性はなかなか買い方がわからないひとも多いのではないでしょうか?

私もあまり豆の状態で買うことは少ないのですが、賞味期限が気になる人もスタバは必要な量だけ粉に挽いてくれるサービスもあるので、とても便利ですよ♡

種類が多くてわからない人の為に、2018年のコーヒー豆の値段や味、人気ランキングも紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね☆

焙煎(=ロースト)についての説明や、味の違いも細かくまとめています♡

コーヒーについての知識が深まるので、知っておくと楽しいですよ^^

目次

スタバのコーヒー豆の値段はどのくらい?

では種類豊富なスタバのコーヒー豆の値段を紹介していきます^^

スタバのコーヒー豆はBLONDE ROAST、MEDIUM ROAST、DARK ROASTと焙煎の具合で分かれていて、さらにリッチなRESERVEシリーズがあります。

(焙煎の意味や味の違いについては後ほど詳しく説明します。)

値段については、1050円~1330円位です。

RESERVEシリーズはお値段が普通の豆より2倍くらいしますが、その分上質な豆を使用した格段においしいと評判のコーヒーです☆

コーヒー好きな人は、自分へのごほうびやギフトに、グレードの高いコーヒーを選んでみるのも良いですね^^

 

では次はスタバの2018年最新コーヒー豆情報です^^

一覧にしたので参考にしてくださいね。

(全て容量は250g、税抜価格です)

スターバックスコーヒー豆 BLONDE ROAST

スターバックス ウィローブレンド

1050円(税抜)/250g

あっさりとしたコーヒーが飲みたい人に一番おすすめです。

さわやかなシトラスの後味が特徴で、酸味のあるコーヒーです。

スターバックス ライトノート

1050円(税抜)/250g

あっさりだけじゃイヤ、と言う人にはこちら♡

ほどよい酸味にほどよい苦み、それでいて軽い口当たりで飲めます。

ココアや軽く炒ったナッツの風味が感じられる、繊細な味です☆

スターバックスコーヒー豆 MEDIUM ROAST

スターバックス カティカティ ブレンド

1330円(税抜)/250g

シトラスの香りにちょっぴりスパイスの風味を感じるコーヒー。

鮮やかな酸味とほどよいコクと苦みのある東アフリカ産のブレンドコーヒーです。

スターバックス アイスコーヒーブレンド

1330円(税抜)/250g

選び抜かれた東アフリカ産とラテンアメリカ産コーヒーで、アイスコーヒーにしても香りがしっかりとしていて深い味わいです。

ブレックファーストブレンド

1050円(税抜)/250g

一日の始まりにぴったりのさわやかな後味のコーヒーです。

やや浅めの焙煎で、酸味は強めでほどよい苦み。サンドイッチなどの朝食にぜひどうぞ^^

ケニア

1240円(税抜)/250g

他の生産地ではなかなかない、グレープフルーツ、ブラックカラントの風味が特徴的なコーヒーです。酸味が強めで、アイスコーヒーにするとおいしさが引き立つコーヒーです。

パイクプレイスロースト

1140円(税抜)/250g

スターバックス発祥の地の名前がつけられたコーヒーです。

味のバランスがとても良く、なめらかな口当たりなので人気の高いコーヒーですよ。

ココアやナッツの風味もふんわりと香ります。

グアテマラ アンティグア

1240円(税抜)/250g

チョコレートやかすかに感じるスパイス感が特徴的。

レモンなどの風味もあり、上品で洗練された味わいのコーヒーです。

苦みや酸味のバランスも良いですよ。

エチオピア

1330円(税抜)/250g

ダークチョコレートのような深み、ペッパーのようなスパイス、そしてスイートシトラスの酸味が特徴のコーヒー。

酸味が強めですが、コーヒー好きさんには人気のコーヒーです。

ハウスブレンド

1050円(税抜)/250g

スターバックス創業から愛されるコーヒー。

ナッツやココアの香りに、苦みや酸味などすべてのバランスが良いコーヒーです。

ディカフェ ハウスブレンド

1240円(税抜)/250g

ハウスブレンドのカフェインレスコーヒー

コロンビア

1140円(税抜)/250g

こちらも味のバランスが良いコーヒーです。

特徴的なのはナッツを感じさせる風味で、後味がすっきりとして飲みやすいです。

スターバックスコーヒー豆 DARK ROAST

スマトラ

1140円(税抜)/250g

ハーブや大地を思わせる風味が特徴で、深いコクと強い苦みがあります。

好き嫌いが分かれるところですが、パンチのきいた甘いスイーツにも負けないお味です。

コモド ドラゴン ブレンド

1240円(税抜)/250g

大地やフレッシュなハーブを思わせる風味とスパイシーな余韻が重なり合う、複雑な味わい

カフェ ベロナ

1240円(税抜)/250g

ダークココアのような口あたりで、チョコレートとの相性が良いとされているコーヒーです。バレンタイン時期にはオススメとして売られていますよ。

深炒りでもバランスのとれた豊かな味わいのコーヒーなので、比較的飲みやすいです。

エスプレッソロースト

1240円(税抜)/250g

スタバでエスプレッソに使われているお豆です。

力強く、キャラメルの風味があるので、キャラメルやスチームミルクと相性ピッタリのコーヒーです。

フェアトレード イタリアンロースト

1140円(税抜)/250g

ローストが強めなので、力強い風味のコーヒーです。

カラメルを感じさせるような深みのある味で、アイスコーヒーの人気がとても高いコーヒーです。

フレンチロースト

1140円(税抜)/250g

お店であまり注文する人が少ないというくらい、苦みが強くて個性的なコーヒーです。

スターバックスで最も深煎りのコーヒーというだけあって、苦みが得意でない人は恐らく飲めないのでは?><

スモーキーな風味が特徴的なので、飲んでみたい人はぜひ挑戦してみてください☆

スターバックスコーヒー豆STARBUCKS RESERVE

(限定店舗のみ)

ルワンダ ムササ

2400円(税抜)/250g

ほのかなレモンのような酸味とブラックプラムを思わせる風味が特徴のコーヒー

エルサバドル モンテカルロス エステート

2400円(税抜)/250g

ダークチョコレートやブラックウォールナッツを思わせる風味に、ほのかにシトラスのような酸味を持つコーヒー

ルワンダ ショリー

2600円(税抜)/250g

グレープフルーツのような風味と、トロピカルフルーツを思わせる穏やかな甘みを感じられるコーヒー

ケニアウィンドラッシュエステート

2600円(税抜)/250g

ケニアのキアンブ地区のウィンドラッシュ農園が、栽培から加工まで行ったコーヒー。

プラムのような甘みにジューシーな酸味が特徴の味わいです。

ブラジル IP エステート

2400円(税抜)/250g

50年もの歴史があるイシドロ ペレイラ農園が、ブラジルでは珍しい水洗式加工法で作ったコーヒー。

ヘーゼルナッツやレッドアップルの風味が特徴で、ほどよい酸味があります。

コロンビア ラ カシアーナ

2600円(税抜)/250g

こちらのコーヒー、なんとコロンビアのベレーダ ラ カシアーナ地区という場所で暮らす女性達が、栽培から加工まで手掛けたんだそうです。

ミルクチョコレートやキャラメル、ブラウンシュガーの風味がするそうで、なんともおいしそう^^

ニカラグア マラカトゥーラ

2600円(税抜)/250g

すごい名前だなと思ったのですが、マラカトゥーラ種というのはすばらしい味わいで有名ななんだそうです。

しかもコーヒー豆がとても大きいとか!見てみたい><

気になるお味は、レッドアップルを思わせる酸味と甘み、そしてほのかにオールスパイスやバニラの余韻を感じる風味☆

グアテマラ エル ソコロ マラカトゥーラ

3400円(税抜)/250g

こちらのコーヒーは、水洗式加工の発酵工程でソーラーパネルで温めたお湯を使用しています。すごいですね☆

プラムとダークチョコレートの深い味わいとコクがあり、なんとはちみつを思わせる甘みもあるという特徴的なお味です。

お値段もスターバックスリザーブの中で高めですね☆

コロンビア カウカ

2600円(税抜)/250g

コーヒーの生産地で有名なコロンビアの高地で、小規模生産者によって栽培された貴重なコーヒー。

シトラスを感じる甘みにハーブの風味、さわやかな味わいのコーヒーです。

 

STARBUCKS RESERVEの豆は限定店舗での取り扱いのせいか、オンラインでも品切れや品薄になっていました。

お値段が高くても人気なのは、きっとそのおいしさからなのでしょう!

コーヒー豆の買い方・焙煎や味について

スタバでコーヒー豆を購入する時は、まずローストのレベルに気をつけなければいけません。

先ほどの値段一覧でも紹介しましたが、スタバではローストのレベルでコーヒーの種類が3種類に分かれています。

BLONDE ROAST(軽やかで穏やかな風味)

MEDIUM ROAST(バランスのとれたまろやかで豊かな風味)

DARK ROAST(しっかりとした深みのある力強い風味)

 

一見、深炒りになればコーヒーは力強い味になることがわかりますが、ではこの焙煎とは一体どういうものなのでしょうか。

どうして味に違いが出るのか、詳しく説明していきたいと思います☆

 

焙煎とは

焙煎(=ロースト)という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にどんなことをするのかは知らない人も多いのではないでしょうか^^

焙煎とは、コーヒーの豆を炒る加熱作業のこと。

あの黒いコーヒー豆は、加熱して炒った後の状態なんですね。

その前は生豆(きまめ)と言って、白っぽい少しグリーンがかったような色をしています。

この生豆はあのコーヒーの味わいも香りもほとんどないので、飲むことはできません。

コーヒー豆はこの生豆を焙煎することで、茶褐色から黒褐色へと色が変わり、豆の成分は化学変化を起こすことで味わい(苦み・酸味・甘み)や香りなどの独特の風味が生まれるのです。

 

焙煎による味の変化

ひとくちに焙煎と言っても、時間のかけ方や熱のかけ方でコーヒーの風味が大きく異なってきます。

この違いが、浅炒り・中炒り・深炒りといって、スタバのコーヒーが3種類にわかれているのと同じなんですね。

実際は焙煎度はもっと細かく、8種類ほど分かれています。

同じ豆でも何通りもの味わいを引き出すことができるんですね!

では具体的に、味はどのように変化していくのかと言うと・・・

一般的には浅炒りほど酸味が強く出て、深炒りほど苦みが強く出ます。

わかりやすく言うと、アメリカンコーヒーは浅炒りで、エスプレッソは深炒りですね。

中炒りはバランスが取れているので、一般的な喫茶店やカフェなどで味わうことの多いレギュラーコーヒーはこちらになります。

 

スターバックスのコーヒー豆の選び方・買い方

焙煎について知ると、コーヒー豆は選びやすくなりますね^^

コーヒーの苦みや深みが好きな方は深炒りのDARK ROASTを選ぶのがおすすめです。

また苦みが得意でなく、ライトな口当たりが好きな人はBLONDE ROAST。

どちらに偏ることもなく「普通にコーヒーが好きだな」という人は、まずはMEDIUM ROASTから選んでみることをおすすめします^^

やっぱり飲んでみないとわかりませんが、ある程度の知識があるとコーヒー選びも楽しくなりますね☆

 

豆を挽いてくれる時の賞味期限はどのくらい?

コーヒーって、生鮮食品でないのでなかなか賞味期限を知るのが難しいですよね;

保存方法とかによっては1年のびるという説もあったりするようですが、やっぱりせっかく買ったからにはおいしく飲み切りたいもの!

そこで、スターバックスに直接詳しい賞味期限を聞いてみました☆

豆の種類によって差はありますが、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒー豆の賞味期限

未開封の豆の状態:豆の種類によるが、購入から1ヶ月~3ヶ月

開封後の豆の状態:2週間くらい

開封して豆を挽いた場合:2週間くらいだけど、豆の状態より風味は落ちる

意外と賞味期限が短いことにビックリしました!

特に豆を挽いてもらった場合は注意が必要です。

そのため、スターバックスの店員さんからは、豆の状態で購入してから後日挽いてもらうという方法も教えてもらいました^^

風味がすぐ落ちてしまうので、パック(250g)の半分だけ挽いてもらうこともできるそうですよ☆

購入店舗でなくてもOKなので、ギフトの際も相手にこの方法を教えてあげると良いですよね^^

 

スターバックスのコーヒー豆人気ランキングを紹介♡

それではスタバのコーヒー豆の人気ランキングをご紹介です!

人気と女性へのおすすめ度をプラスして、個人的にランキングを作ってみました^^

 

1位 ハウスブレンド

スタバの創業のころから親しまれているコーヒーです。

ミディアムローストなので味のバランスも良く、万人受けするコーヒーのお味♡

デカフェの豆も出ているので、妊婦さんや授乳中のママさんでも楽しめるコーヒーですよ☆

 

2位 パイクプレイスロースト

こちらはコンビニの缶コーヒーでも登場した人気のお味。

スターバックス発症の地の名前が付けられています。

ナッツやココアの風味で、なめらかな口当たりが特徴のコーヒーです☆

こちらもミディアムローストなので味のバランスが良いですね。

 

3位 ライトノートブレンド

コーヒーの苦みがあまり得意でない人にオススメしたいのが、ライトノートブレンド。

濃い目にいれても苦みが少なく、ほどよい酸味で軽い口当たりです☆

私も苦みが強いのは苦手なのですが、このライトノートブレンドならブラックで飲めます^^

サンドイッチなどの軽食や、シフォンケーキ、クッキーなどの軽めのスイーツと合わせるのがオススメです。

 

4位 ケニア

ケニアは深いコクと強い酸味が特徴のコーヒーです。

特にアイスコーヒーがおすすめで、柑橘系の酸味を感じる味なのでバレンシアシロップとも相性が良さそうです☆

アイスコーヒー好きな人にはおすすめしたいコーヒー^^

 

5位 コロンビア

コーヒー豆の生産地としても有名なコロンビアの地名が、そのまま名前になっているコーヒーです。

バランスのとれた酸味とほどよい苦みで、スッキリとした後味が特徴です。

ナッツ系の香りが香ばしいので、フードもナッツが入っているものは相性間違いなしですよ♡

 

6位 スマトラ

ダークローストのスマトラは、ハーブや大地を感じる風味に強い苦みが特徴のコーヒーです。

「コーヒーは濃いのが好き!苦いのサイコー!」と言う人にオススメのコーヒーです^^

もちろんただ苦いだけでなく、深みやコクがあり、なめらかな口当たりなんですよ☆

パンチのきいた甘いフードにも負けないお味なので、ぜひ一緒に合わせてみてくださいね♡

 

7位 ブレックファーストブレンド

太陽のマークがパッケージのブレックファーストブレンドは、まさに朝の1杯にぴったりなコーヒー。

軽い口当たりにほどよい苦みで、あっさりいただけるコーヒーです^^

柑橘系のさわやかな後味なので、レモンやグレープフルーツが入ったフードと相性が良さそうですね☆

ミディアムローストなので味のバランスも良く、アイスコーヒーにしてもさっぱりと飲めるコーヒーなのでオススメですよ。

 

あとがき

スタバのコーヒー豆についてまとめましたが、いかがでしたか^^?

オリガミやヴィアなど、便利に飲めるコーヒーもあるスタバですが、やっぱり豆で買いたいというこだわり派の人も多いですよね♡

味が良く分からなくて不安な場合は一度お店で飲んでみるか、店員さんに聞いてみるのもオススメですよ^^

合わせてシロップも購入して、おうちスタバを楽しむのも贅沢ですね♡

スタバシロップのカロリーや使い方!種類と販売・購入方法・シロップ多めが合うドリンクは?

2018.03.07

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です