インフルエンザと喘息が併発!症状や発作は悪化?薬と吸入、入院の可能性は

インフルエンザと喘息が併発って、なんとも怖いことですよね^^;

私は肺炎と喘息の併発の経験はありますが、インフルエンザはまだありません。

インフルエンザにかかった時に喘息の薬や吸入は服薬できるのか、ということがすごく気になっていたのです;

インフルエンザでも吸入する薬はありますし、どうなんだろうと・・・

ほかにも症状は悪化してしまうのかということや、予防接種や入院の可能性についても触れています。

ちょっと怖い話かもしれませんが、情報は元気な時に集めておくのが一番!

ということで、参考にしてみてくださいね^^

インフルエンザと喘息が併発した時!症状や発作は悪化する?

では早速、インフルエンザと喘息が併発した時、症状はどうなるのでしょうか。

基本的に、呼吸器の病気のかかった場合(インフルエンザや風邪など)、喘息患者は症状が悪化しやすいと言われています。

具体的には、インフルエンザにかかったことで治まっていたせきがひどくなったり、息苦しくなるなどの喘息症状(呼吸器の症状)が悪化することを言います。

普通の風邪よりもインフルエンザの方が、症状が悪化しやすいことはなんとなく想像できますね。

 

普通の風邪と違い、インフルエンザの場合は熱が急激に上がったり、熱は微熱でも消化器症状(嘔吐や下痢)が出ることがあります。

こういった症状が現れたら、インフルエンザを疑って、すぐにかかりつけの病院を受診するようにしましょう。

特に、以下のような症状は重篤になる危険があるので注意してください。

・嘔吐や下痢の症状がひどく脱水状態になっている

・せきが悪化して夜眠れないなどの状態である

・「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」と言った胸の音=喘鳴がひどい

・胸や腹部の痛み、圧迫感がある

 

また、病院へ行った後で症状が治まらない場合は、受診した病院に電話連絡をして相談しましょう。

(二次感染防止のため、まず電話連絡されることをおすすめします)

インフルエンザと喘息発作で入院の可能性は?

 

症状が重症化した場合は入院の可能性もあります。

喘息が悪化して肺炎を併発してしまったりすることもありますし、症状が重い場合や他の病気を併発している喘息患者は入院の可能性が一層高まります。

詳しくはこちらを参考にしてくださいね。

▼関連▼喘息の入院する基準や治療、費用について

 

また喘息の入院については、発作のレベルで判断されることが多いです。

症状の程度によって、小~大発作と区分されています。

中発作から大発作は入院の可能性が高くなるので、ご存じない方はチェックしてみてださいね。

▼関連▼喘息の発作レベルとは

インフルエンザにかかった時は喘息の薬や吸入はどうする?

 

やはり一番の心配は、インフルエンザにかかった時に喘息の薬は飲めるの?ということだと思います。

私もインフルエンザと喘息は併発したことありませんが、どちらも別で経験はあるので、それが一緒にやってくると思うと恐怖でしかないです・・・

「一体治療はどうなっちゃうのー><」と心配になって調べてみました。

抗インフルエンザ薬には、飲み薬であるタミフルや点滴であるラピアクタ、そして吸入薬であるリレンザ、イナビルなどがあります。これらの抗インフルエンザ薬は、インフルエンザA型・B型共に効果があるとされています。

抗インフルエンザ薬と喘息の薬を併用しても問題ありません。

ただし、リレンザやイナビルなど、吸入型の抗インフルエンザ薬と喘息用の吸入薬を併用する場合は、喘息用の薬を先に吸引しましょう。

ただし、ステロイドの吸入薬を使用している場合、リレンザ・イナビルの吸入薬との併用については、気管支拡張薬を使ってから吸入するようにしましょう。

薬は必ず医師に相談の上、使用してください。

(引用元:https://minacolor.com/parts/20/articles/86/)

 

※リレンザ・イナビルの吸入は発作を誘発してしまう可能性があるため、必ず喘息の吸入を行ってから、インフルエンザの吸入薬を使用しなければいけないそうです。

主な注意点はそこだけで、喘息の薬は服用可能と言うことで安心しました^^

やはりインフルエンザで喘息の発作が悪化したとしたら、きちんと薬を服用しないと危険ですもんね;

 

薬の量は増えるかもしれませんが、どちらの薬も飲めるということで本当にほっとしました。

実はインフルエンザにかかった場合はむやみに鎮痛剤などの市販薬を飲むのは危険なんです。

もしインフルエンザ中に生理になってしまい、鎮痛剤を飲みたい!と言う場合には、飲める薬と絶対に飲んではいけない薬があるので注意してください。

こちらの記事で服用可能な市販薬も紹介しているので、良かったら参考にしてくださいね。

▼関連▼インフルエンザと生理でダブルパンチ!服用可能な鎮痛剤は?

喘息の薬を服用中に予防接種は受けられる?

喘息の患者がインフルエンザにかかると重症化しやすいため、インフルエンザのワクチンはぜひ、ぜひ!受けておきましょう。

喘息の薬を服用していても予防接種は受けられますが、念のためかかかりつけの病院で接種することをおすすめします。

 

ただ、インフルエンザのワクチンは鶏卵の成分が微量ながら入っているため、卵アレルギーの人は医師と要相談となります。

詳しくはこちらの記事に載せているので参考にしてくださいね。

▼関連▼喘息の薬を服用中にインフルエンザワクチンはOK?

 

また、インフルエンザにかかっても喘息の薬は飲めるとは言え、やはりダブルパンチは避けたいですよね^^;

簡単で良く耳にすることですが、基本のインフルエンザ・風邪予防をしっかりと行っていきましょう。

・手洗い、うがいをきちんとする

・人混みはなるべく避ける

・外出の際にはマスクを着用する

・体を冷やさないようにする

・規則正しい生活を心がけ、夜更かしなどはせずきちんと睡眠をとる

・栄養バランスの取れた食事を心がけて、適度に運動する

 

他にも意外な予防法もありますので、参考にしてくださいね^^

▼関連▼インフルエンザの時にチョコは食べられる?予防には?

▼関連▼日本人なら知っておきたい!緑茶の効能を見直そう!

まとめ

 

インフルエンザと喘息が併発したらどうなる?という、ちょっと喘息患者さんには怖いお話でした。

でも前もって知識があるとないとでは、対処も変わってくると思うんですよね。

喘息の入院の記事にも少し書きましたが、具合が悪い時って判断力や思考力がものすごく低下します。

私もそうでしたが、熱で頭がもうろうとしていたり、息苦しくて呼吸するだけでいっぱいいっぱいになっている時は、正しい判断ができません。

ぜひ、元気な時に情報を集めておきましょう^^

 

では今回のポイントをおさらいします。

POINT

□喘息患者がインフルエンザ(呼吸疾患)にかかると症状が悪化しやすい

□インフルエンザかも?と思ったらすぐに病院を受診すること

□病院へ行った後も症状が治まらない時はまず電話連絡するのがおすすめ

□症状が重症化した場合は入院の可能性もある

□インフルエンザの薬と喘息の薬は一緒に服用できるが、吸入薬の順番は喘息の薬が先である

□喘息の薬を服用していてもインフルエンザの予防接種は受けられるので、重症化をさけるためにも接種するのが良い

□インフルエンザや風邪を予防するために、基本的な手洗いうがいなどをきちんと行うこと

□元気な時に予防や情報収集をきちんと行っておくこと

 

冬はインフルエンザだけでなく、ノロウイルスなど感染症も増える季節です。

日頃からの心がけが非常に重要ですよ。

私が勤務していた内科の看護婦さんも「とにかく手洗いとうがい!」と良く言っていました^^

基本に忠実に、予防をしていきましょう。

 

ではまた。

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です