やる気が起きない時に試す、やる気を出す方法

 

暑い夏ってホントにやる気が起きにくいです。

暑くてだるくて、汗かいて気持ち悪くて・・・

「お願いだから涼しい所でダラダラさせてー!」と叫びそうになることもしばしば(笑)

でもやらなきゃいけないことはあるわけで、そんな時の乗り越え方をご提案します。

環境を整える

私も良くあるのですが、キッチンのカウンターがきれいじゃないとやる気が起きません。

食パンとか果物とか、食べかけのお菓子とか、なぜかポストから取ってきた手紙まで置いてあったりすると、なんだかモチベーションもダダ下がりです。

長い時間を過ごす場所が散らかっていると、やはり心理的にも大きな影響があります。

主婦の方ならキッチンやリビングは、居心地のいい空間にしておくことが重要ですね。

片付いてないと、掃除をするのも億劫になりますから^^;

不要なものを処分する、物の置き場所(=定位置)を決める、読まなければいけない手紙なども一時スペースを確保して、整理整頓を心がけましょう。

形から入る

天気の悪い日は外出することもないからと、部屋着やパジャマで一日過ごしていませんか?

はい・・・私もコレ休日にやっていました(笑)

朝起きて着替えもせず、髪もとかさず、ひどい時は顔も洗わずにいると、完全にオフスイッチが入っていて活動できません。

 

鏡を見て自分の姿にビックリ!なんてことも・・・(笑)

時間を無駄に過ごしてしまうこともあり、ダラダラとつい過ごしてしまいがちです。

 

結婚してから自分のこの悪習慣に気づきまして^^;

それからは朝起きてすぐに着替えています。

子供ができてからは毎日外出することが多いのですが、やはり天気の悪い日は気がゆるんでしまいがちです。

きちんと着替えることや、薄く化粧をしたりピアスをつけたりして、自分のオンスイッチを見つけておくのも良いですね。

好きな音楽をかけて、ノリノリになってモチベーションを上げるのも良いかもしれません。

休日や予定がない日でも、ぜひ心がけてみてください。

反面教師を思い出す

自分の中で、「あんな人にはなりたくないな。自分はこうありたい。」と思わせてくれる人を思い出しましょう。

失礼な話に聞こえるかもしれませんが、そう思わせてくれる人って、とても貴重な存在です。

自分の大切にしている価値観に気づくことが出来たりするからです。

きちんとやらなくちゃ、と思わせてくれる存在を思い出しましょう。

憧れの存在を思い出す

反面教師とは反対になりますね。

「あんな人のようになりたい、自分も近づきたい。」と思う人を思い出しましょう。

自分が掲げた目標を再確認するきっかけにもなります

「今よりも良くなりたい」

その気持ちをもう一度呼び起こして、行動するきっかけにしましょう。

もちろんここでも、憧れの人を真似て、メイクや服装などの形から入るのもオススメですよ。

気合を入れてダラダラする

本当に今日はダメだ・・・と言う日は、もう思いっきりダラダラしましょう。

なんとなく、気分に流されてダラダラと過ごすのはいけません。

「今日はダラダラするんだ!何もしないぞ!」

と宣言するかのごとく、ダラダラしましょう(笑)

仕事がある場合は、最低限のことだけ済ませてその日は早く帰りましょう。

何をしてもやる気が起きない場合は、体もかなり疲労しているのかもしれません。

そんな日は思いっきり自分を甘やかして、明日の自分に後はお願いしましょう(笑)

何となくダラダラと過ごすよりも、きちんと意思を持ってのんびりした方が、気分もリフレッシュできます。

いつも頑張っている人、毎日同じことができる人でも、やっぱりやる気が起きないことはあります。

それは全然怠け者ではないのです。

どうしてもダメな時は自分を休ませてあげましょう。

その方が、早く元気に復活することができます。

上手にやる気をコントロールしながら、暑い夏も楽しく過ごしていきたいですね。

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です