咳喘息の原因はストレス?症状や治療法、気管支喘息との違いは?

最近になって良く耳にするようになった咳喘息。

実は私もつい先日まで、喘息との違いをはっきりと知りませんでした^^;

咳が長く続いているという人は、もしかしたら咳喘息かもしれません。

お医者さんでも、呼吸器内科などの専門でないと見分けられないこともあるそうなので注意してくださいね。

症状が続いているのに放っておくと、喘息へと移行する可能性もあるので・・・

ぜひ記事内で自分の症状をチェックしてみてくださいね。

咳喘息の症状とは

風邪でもないのに「咳が止まらない、ずっと続く、」

という症状が辛ければ、それは咳喘息かもしれません。

 

主に咳喘息の症状として挙げられるのが

  • 空咳が2か月以上も続く
  • 夜中から明け方にかけて激しい咳が出る
  • 発熱や痰はない
  • 「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」と言った喘鳴はない

というものです。

咳喘息は放置しておくと喘息へ移行する可能性が高く、正しい治療を早く行うことが大切だと言われています。

咳喘息の原因はストレス?

 

咳喘息は様々な原因が考えられています。

室内外の気温差、たばこの煙(受動喫煙)、運動、飲酒、アレルギーやハウスダスト。

そしてストレスの影響も挙げられています。

アレルギー体質の人は、アレルゲンが体内に入ることで気道に炎症を起こし、症状に繋がります。

風邪と併発することも多く、風邪が治っても咳だけが長く続くという症状がみられるようです。

気管支喘息との違いは?

同じ喘息と名前のつく病気ですが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。

●咳の違い

喘息も夜間から明け方にかけて咳が続きますが、咳喘息の場合にはより咳が激しく、長引くことが多いようです。

そのよう場合には胸部痛を起こすこともあります。

喘息は痰がでることもありますが、咳喘息の場合は痰のない空咳であるのが特徴です。

 

●喘鳴

 喘息で特徴的な「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」と言った、喘鳴(ぜんめい)が咳喘息ではみられません。

咳喘息の診断は?何科に行けば良い?

咳喘息と言うのは、実は診断が難しい病気です。

そもそも咳と言うのは

●風邪をひいた時に出るもの

●アレルゲンによって引き起こされたもの

●鼻炎や副鼻腔炎によるもの

●喘息の咳

など、様々な原因から咳の症状が現れます。

 

基本的に咳喘息の場合は、市販の風邪薬などは効きませんから、

咳が長く続いて症状が辛いようなら早めに病院に行ってください。

 

咳で病院にかかる場合には

呼吸器内科

耳鼻科

アレルギー科

内科

の病院を受診してください。

 

必要に応じて胸部レントゲン写真や、肺機能検査、血液検査、呼吸NO検査を行い、診断をします。

呼気NO検査については、実際に私が体験したことをこちらの記事で詳しく書いています。

咳喘息の治療法とは

咳喘息の治療は基本的に気管支喘息と同じです。

吸入ステロイドで気道の炎症を抑えることや、

咳喘息は気管支が狭くなり咳が出るので、気管支拡張薬で気管支を拡げることも行います。

咳喘息の約30%は気管支喘息に移行すると言われているので、早期治療でなるべく喘息へ移行させないことが大切です。

 

生活の注意点

 

咳喘息が起こる原因は、喘息とほとんど同じことが挙げられます。

症状が出た際にはすぐに病院へ行くことが大切ですが、

普段の生活からも咳喘息に負けない体作りを意識しましょう。

 

生活習慣に気をつける

どんな病気でも言われることだと思いますが、食生活に気を配り、適度な運動としっかりと睡眠をとることが何よりも大切です。

早寝早起きの習慣で、朝型人間を心がけましょう。

風邪を予防することにも繋がりますね。

 

アレルゲンを防ぐ生活

住環境を整えてハウスダストを防ぐことが大切です。

寝具や布製の物をこまめに洗濯する習慣もつけましょう。

ペットの毛や、花粉を室内に入れない工夫も重要ですよ。

家に潜むアレルギー!梅雨はダニに注意。

 

気温の変化に気をつける

急激な気温の変化で症状が起こることがあります。

春や秋の季節の変わり目などは、朝晩の温度差も激しいので注意しましょう。

羽織るものを常備しておいたり、エアコンの使い方も慎重になりましょう。

 

アルコールを控える

大好きな人には辛いですね(泣)

気道の収縮につながるので、咳の症状が出やすくなります。

飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

たばこに気を付ける

たばこを吸っている人でしたら、ぜひ禁煙を。

吸っていない人でも、家族の受動喫煙には要注意です。

禁煙してもらうか、なるべく外で吸ってもらうようにしましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスが溜まっている時は、体も疲労していることが多いです。

十分な休養をとるようにし、睡眠時間もしっかり確保しましょう。

また日ごろから自分なりのストレス発散方法を用意しておくのも良いですね。

適度な運動はストレス発散になるだけでなく、体の抵抗力をつけて咳喘息の予防にもつながります。

ぜひオススメですよ。

まとめ

私も最近「咳喘息」について知ったのですが、

咳が2ヶ月も続くなんて辛すぎますよね・・・

何度も言いますが、喘息に移行させないためにも、ぜひ早めに病院に行って治療を行いましょう。

こまめに自分の症状をノートなどに記録しておくのもお勧めですよ。

症状の原因がわかる手掛かりになることもあります。

日頃の生活習慣などから予防を行い、

症状が出た際には早めに治療をしっかり行って、上手に付き合っていきましょう!

ではまた^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です