アレルギーが起こるメカニズムを簡単に説明!

辛いアレルギー疾患に悩んでいる人にとっては、どうしてアレルギーが起こるのか、その仕組みついて知りたくなりますよね。

私も本を読んだり調べたりして勉強しましたが、医療に関することは難しい言葉や説明が多いものです。

専門的な言葉や説明は省略させてもらうと、まずアレルギーが起こるメカニズムと言うのはこんな感じです。

 

  1. アレルギーの原因物質が体に入る
  2. 通常では体に影響のない物質が、ある人には異物として認識されてしまう。
  3. この異物を体から排除しようとして体に様々なアレルギー反応が起こります。
  4. アレルギー反応が起きた場所でアレルギー疾患が異なります。

 

はい、もうこれでわかったよ、と言う人もいるかもしれませんが(笑)

ここからもう少し詳しくお話ししたいと思います。

 

 

1.アレルギーの原因物質が体に入る

アレルギーの原因物質が体内に入る花粉症を例にあげれば、スギ花粉が鼻の粘膜や目に入ることで鼻水、くしゃみ、目のかゆみを引き起こしたりします。アレルギーは花粉や食べ物であったり、ハウスダストのようなアレルギーの原因となるもの(=アレルゲンと言います)が体に入ることから始まります。

 

2.通常では体に影響のない物質が、ある人には異物として認識されてしまう。

 アレルギーというのは、昔は本当に少数の人がなる珍しい病気でした。 

でも最近は食事が欧米化してきたり、住居も洋風になってきたり、もちろん大気汚染やストレスの多い生活をしている人が増えているといったことも、アレルギー患者が増えている要因となっています。

これも読んでそのままですが、同じスギ花粉が体内に入っても何も起こらない人とそうでない人がいるわけです。

 

3.この異物を体から排除しようとして体に様々なアレルギー反応が起こります。

異物を体内から排除しようとする働きは人間にもともと備わっているもので、これを「免疫」と呼びます。

アレルギーだけではなく、風邪を引いたときのウイルスや病原菌を体から追い出すこともしています。

少し難しい言葉を使えば、体の中で異物と判断されたものは「抗原」と言い、この抗原をやっつけようとして体内から作られる物質を「抗体」と言います。

 

 4.アレルギー反応が起きた場所でアレルギー疾患が異なります。

例えば鼻の粘膜でアレルギー反応が起こればアレルギー性鼻炎。

皮膚でアレルギー反応が起こればアトピー性皮膚炎、気道で起これば気管支喘息になるわけです。  

自分がアレルギー体質かもしれない、アレルギーの症状が出ているかもしれないという時には、病院で血液検査をすることでアレルゲンを特定することができます。

 

私なりにアレルギーの仕組みやメカニズムについて簡単にまとめてみましたが、いかがでしたか?

大分ざっくりとした説明になりました(汗)

体のしくみや病気のことは、専門的な言葉が多かったり説明が難しかったりします。

私も始めはうまく理解ができなくて、症状を治そうという気も失せてしまっていました。

なんだか難しそうだし、命にかかわる病気でもないしと考えていたんですね。

でもアレルギーの症状って本当に辛いし、放っておくと症状がひどくなってしまうことが多いです。

アレルギーは生活習慣や環境でも改善できるものですが、症状が辛いときにはまず病院を受診して、医師の指導を受けることが大切ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です