腹式呼吸と胸式呼吸の違いとは?喘息の発作に備えて簡単なやり方をマスターしよう

喘息の発作が起きた時は、息苦しくて鼻から大きく息を吸い込むために、鼻の穴が大きく膨らむことがありますよね。

これは喘息患者の特徴でもあるのですが、そんな時にはぜひ腹式呼吸で呼吸を楽にしましょう。

健康にも良い腹式呼吸は、無意識にできるようになったら良いことづくしですよ。

腹式呼吸と胸式呼吸の違いとは

胸式呼吸は、肋骨を広げて肺に空気を取り込みます。

肺は胸にありますから、字の通りわかりやすいですよね。

 

さて、腹式呼吸はと言うと。

お腹で息をするの?と思われがちですが、違います。

同じく肺に空気を取り込むのですが、肺のすぐ下にある横隔膜がその肺の空気に押されて、下に下がります。

そして下がった横隔膜に押されて内臓が下に下がり、お腹が膨らみます。

この仕組みから腹式呼吸と呼ばれているんですね。

 

胸式呼吸との大きな違いは、この肺にたくさん空気を取り込んで肺を大きくすることで、横隔膜が下がるということ。

横隔膜が下がれば、肺はたくさん空気を取り込めるので大きくなりますよね。

より深く呼吸ができる。

それが腹式呼吸と胸式呼吸の違いです。

普段呼吸が浅くなっている人も、ぜひ腹式呼吸にすることで体が変わって行きますよ。

腹式呼吸の簡単なやり方とは?

では実際に腹式呼吸をやってみましょう。

横隔膜とか、肺とか、いまいちイメージできなくてピンと来なかった人も、簡単にできるやり方をご紹介します。

それは仰向けに寝て呼吸するだけ。

人間は寝ていると自然と腹式呼吸になるものなのです。

今この記事を見ている人も、良かったら仰向けになって呼吸してみてください。

・・・・・・

 

呼吸をするとお腹が動いていませんか?

これが腹式呼吸です。

でも、起きてみると腹式呼吸ができません、と言う人もいると思います。

では次は座った状態でやってみましょう。

姿勢は楽な方が良いので、あぐらをかいてください。

姿勢を正して、少し胸をはりましょう。

そして、鼻から思いっきり息を吸い込みます。

この時に下っ腹を意識して、膨らますように吸い込みます。

もう吸えない!というくらいまで息を吸い込んだら、

今度口から吐く時は、吸う時よりも倍の時間をかけてゆっくり息を吐きます。

この時もお腹をへこますことを意識してください。

お腹をへこませば、自然と内臓が上に持ち上げられて肺が小さくなります。

 

胸式呼吸になってしまう人は、息を吸う時に胸が持ち上がるように動きます。

そうではなくて、お腹という風船を膨らませるイメージで息を吸い込みましょう。

わからなくなってしまったら、また仰向けに寝て腹式呼吸を感じてみてください。

腹式呼吸をすると体が健康になる

腹式呼吸、なんとなくわかりましたか?

風邪などの鼻づまりで鼻から息が吸えないという人は、口から吸っても大丈夫です。

元気になったらまた鼻からやってみてくださいね。

腹式呼吸は喘息の発作時に行うことで、酸欠防いだり呼吸を楽にする効果があります。

私も健康学園で教わってから、喘息が出た時には行っています。

続!小児喘息が治った経験!発作が一度も起きなかった健康学園での生活

 

実は産後の育児で緊張状態だった時も、良く腹式呼吸をやっていました^^;

 

本当はトレーニングをして、無意識の状態でも腹式呼吸ができると理想的です。

なぜなら呼吸が深くできると、体は確実に変わります。

酸素が体のすみずみに行き渡ることで、脳の働きや、筋肉の働き、内臓の機能、神経系やホルモンにまで影響が及ぶからです。

 

呼吸が浅いと筋肉が衰えたりするって、なんだから信じられないような話ですが、

肺は体の大切な臓器です。

正しく使うことで、体の健康を保ってくれるわけですね。

肩こりや片頭痛が治ったりすることもあるようですし、何より深い呼吸はリラックス効果があります。

お金も時間もかからない、素敵な健康法(笑)

ぜひ今日から試してみてくださいね^^

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です