アレルギーや子供の風邪防止に緑茶の力を見直そう!

みなさん、緑茶って最近飲みましたか?

ペットボトルでもおいしいものはたくさん販売されていますが、やっぱり淹れたてのお茶は最高ですよね。

暑い夏は冷たい麦茶もおいしいですが、冷えを感じた時や夏バテの際にはぜひあたたかい緑茶を^^

緑茶って本当にすごい飲み物なんですよ。

緑茶の効能

最近緑茶のティーバッグを良く購入させてもらっている、

伊藤園さんのデータを参考にさせていただくと・・・

緑茶の栄養にはカテキン、カフェイン、テアニン、ビタミン類(C、B2、E、葉酸、β‐カロテン)、サポニン、フッ素、GABA、ミネラル、クロロフィル、が含まれているそうです。

では詳しく紹介していきますね^^

まず代表的なカテキン

カテキンはお茶の渋み成分でポリフェノールの一種です。

これには血中コレステロールの低下や、体脂肪率低下、ガン予防に、抗酸化作用、虫歯予防、血糖値上昇予防、血圧上昇予防、口臭予防・・・などたくさんの効能があります。

こういった体質が気になっている方はもちろんですが、抗酸化作用については女性も嬉しいですよね。

そして茶カテキンには食中毒菌のほとんどを殺菌する効果があることもわかっています。

大腸菌O-157にも緑茶が特効であることが確認されており、天然の抗生物質と例えられることも。

お寿司と緑茶の組み合わせも、理にかなっていたんですね^^

カフェイン

緑茶を飲むとトイレに行きたくなりませんか?

実はこれもカフェインによるものです。

ただ、カフェインと言ってもコーヒーよりはマイルドなので、夜に飲んでもそんなに心配いりません。

カフェインは二日酔い防止にもなるので、今日は緑茶ハイで一杯はいかがですか^^?

テアニン

テアニンはお茶の旨み成分です。

リラックス効果があるとされていて、先日清涼飲料水でもテアニンが入っているものを見かけました。

仕事や勉強の合間にほっと一息つきたい時にもオススメですね。

ビタミン類

ビタミンは、先ほどお話しした抗酸化作用があります。

ご存知だと思いますが、他にも皮膚や粘膜の健康に良いもので、風邪を引いた時にもビタミンはとても大切です。

サポニン

サポニンには抗菌、抗ウイルス作用が確認されています。

インフルエンザや風邪予防の効果もあります。

フッ素

歯磨き粉にもよく含まれているフッ素が、実は緑茶にも入っています。

特に多く含まれるのが番茶で、歯の表面を酸性になりにくくしてくれるため虫歯予防になります。

お茶はウーロン茶や紅茶と違って、製造過程で発酵していません。

その為、健康に良い成分をそのまま残してお茶として飲むことができるんですね^^

アレルギーと緑茶

緑茶の効能はたくさんありましたが、実はアレルギー体質の人にもオススメなお茶なんです。

実は緑茶には気管支喘息やアレルギー性鼻炎に対する抗アレルギー効果があります。

またヒスタミンの量を抑える効果もあるため、アレルギー症状の緩和が期待できます。

特に最近ではアレルギー性鼻炎への効果が顕著で、高濃度のカテキンが含まれているお茶を継続して飲んだところ(2か月間)、鼻炎の症状が緩和したという報告もあるそうです!

 

喘息と鼻炎の持ちの私には嬉しすぎるお茶です。

早速買ってきます(笑)

子供の風邪防止にもオススメ!

緑茶って、なかなか小さい子供に飲ませる機会がないと思います。

やはりカフェインが入っていることで心配されるかたも多いですよね。

私もずっと緑茶は飲ませていなかったのですが、息子が2歳の時に風邪予防に効果があると聞いてから飲ませています。

緑茶のカフェインはコーヒーなどに比べると少ないので、すすめるお医者さんもいるそうです。

始めはちょっと心配で、冷ましがてら少し水で薄めて飲ませたりしていました^^;

今は3歳ですが、普通に薄めず飲んでいますよ。

 

そのお陰かわかりませんが、息子が2歳の時に高熱は一度も出ませんでした。

予防接種はしているものの、ほぼ毎日外出していてもインフルエンザにも他の感染症にもかかりませんでしたよ。

まとめ

健康に良いお茶と言うと、何やら高くてちょっと怖いイメージのするものもありますが(笑)

緑茶は国産で安心ですし、何よりスーパーに行けば手に入ります^^

おいしいし、安いし、健康に良ければ、言うことなしの万能茶では?と思いました。

夏が終われば季節の変わり目で体調を崩したり、冬はインフルエンザなどの感染症、年が明ければ花粉の季節も間近です^^;

心配ばかりしていてはいけませんが、毎日気軽にできる健康法があると安心です。

ぜひ日本の文化でもある緑茶、そのパワーを見直して、飲んでみてくださいね^^

ではまた。

▼喘息▼

夏風邪と喘息の発作が同時に!喉が痛い時の対処法

喘息治療にオススメな食事!アレルギーや体質改善にも

喘息の発作レベルと対処法

▼アレルギー性鼻炎▼

アレルギー治療記!鼻炎だと蓄膿症になりやすいのか?実際の服薬記録

アレルギー性鼻炎~症状や原因と治療について~

鼻水の色の違いは?白、黄色、緑と副鼻腔炎の症状について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です