ノロウイルスと食中毒の違いは?原因と予防・症状、二次感染の対策はコレ!

 

ノロウイルスと食中毒、良く耳にする言葉ですがその違いを知っていますか?

私もつい最近まで意識して考えたことがありませんでした。

たびたびニュースでも目にしますし、いつ自分の身に起こるかもわかりませんよね。

 

今回はノロウイルスと食中毒の違い、症状、予防や二次感染防止の対策を詳しく説明しています。

いざかかってしまった時にも知識として使えますから、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ノロウイルスと食中毒の違いとは?

 

では早速、良く耳にするノロウイルスと食中毒の違いについて説明しますね。

 

簡単に言えば、食中毒は病気の名前でノロウイルスはその原因ひとつです。

食中毒というのは感染性胃腸炎のことで、その原因が細菌であったりウイルスであったります。

そのウイルスの一つがノロウイルスなんですね。

 

食中毒は細菌性とウイルス性に分かれるということですが、夏は90%が細菌性、冬はウイルス性が流行します。

夏に細菌性が流行るというのは、そもそも38℃前後が細菌の繁殖に適しているからという理由が大きいです。

細菌の代表的なものだと、サルモネラ菌、カンピロバクター、O-157、家畜の腸管内にいる菌などが挙げられます。

そして、冬に流行るウイルス性食中毒は90%がノロウイルスです。

 

細菌性とウイルス性では症状や感染ルートが異なってきますので、順に詳しく説明していきますね。

 

 

ノロウイルス、食中毒の症状はどんな感じ?

 

細菌性の食中毒の場合、感染した細菌によって症状は異なってきます。

例えばサルモネラ菌の場合は寒気や嘔吐から始まり、それから下痢となります。

他にも38℃以上の熱を出すこともある菌があったり、潜伏期間も3時間から7日とばらつきもあります。

 

中でも怖い病原性大腸菌O-157の場合は、発症から7日ほど経過すると溶血性尿毒症症候群や脳症を起こすことがあります。

始めは腹痛や下痢の症状ですが、その後出血性の激しい下痢となるようです。

重篤な症状や後遺症、最悪の場合は死に至る、本当に怖い食中毒です。

 

ウイルス性のノロウイルスの場合は、数日間激しい嘔吐と下痢が続くのが特徴です。発熱は少ないようですが、熱が出たとしてもあまり高熱にはならないようです。

 

食中毒の症状は細菌性でもウイルス性でも、本当に辛いものですね。

ただ、症状が辛いからと言っても絶対にやってはいけないことがあります。

 

それは、細菌性の場合もウイルス性の場合も、絶対に下痢止めを服用することは避けてください。

特に、症状が出始めて原因も良く分からないからと、病院に行かないで市販の下痢止めを服用するのはやめましょう。

 

細菌やウイルスを体から排出しようとして下痢の症状が出ているので、それを止めてしまうと細菌やウイルスがいつまでも体にあって回復しません。

O-157などの場合は細菌が体を回って重篤な症状にもなってしまいます。

 

治療としては細菌性の場合は抗生物質の投与で、ウイルス性の場合は点滴などの対処療法となります。

 

胃腸炎の症状が出たらすぐに病院へ行くようにしましょう。

 

 

食中毒の原因と感染ルートは?

 

食中毒の感染については、細菌とウイルスで違いがあります。

 

まず細菌は、増殖に適した環境で栄養・水があれば細菌自身で増殖していくという特徴があります。

これが本当に恐ろしくて、大腸菌だと20分で倍の数に増殖するようです。

例えば1個の細菌でも、10時間たてば10億個に増えるということです・・・;

ですので、食べ物や調理器具、箸などからどんどん増殖して感染していきます。

 

ウイルス性の場合は細菌性と違って、人の体内に感染してから数を増やしていきます。

感染のしくみとしてはインフルエンザと同じですね。

ウイルスは食べ物に入ったとしても食べ物の中で増殖することはできません。

 

ただ、ウイルス性は細菌性に比べて感染経路が多く、接触感染や飛沫感染があるため二次感染しやすいのが特徴です。

特にトイレの蛇口やドアノブなどは、便や嘔吐物を触ってしまった手で触るとウイルスが付着します。

油断できないのは、ノロウイルスは症状が治まっても数日は便からノロウイルスが排出されているので、元気になったからと言って手洗いを怠らないようにしましょう。

また、ウイルスがホコリに付着して、それを吸ってしまうことで感染する場合もあります。

 

ノロウイルスは非常に感染力が強いので、家族がノロウイルスにかかってしまった場合は家族みんなに感染してしまうことが多いです。

十分に予防や対策を行いましょう。

 

 

食中毒の予防と二次感染対策はコレ!

 

食中毒の感染予防とは

食中毒の基本の対策は熱による滅菌になります。

(ただ細菌の中には100℃でも死なない菌がいます。)

 

生肉、生魚、貝を生で食べることは十分注意が必要で、元気な時に新鮮なものを食べるしか対処法がありません。

調理器具なども清潔に保つようにして、食品から食品への細菌の移動も防ぐようにしましょう。

 

ノロウイルスの場合はカキなどの二枚貝が原因ですが、ノロウイルスは熱に弱いので加熱調理してから食べればOKです。

湯通しだけだと完全ではないので、85℃以上の温度で90秒以上の加熱をしてください。

なかなか一般の家庭では難しいと思いますが、出来れば調理器具も85℃以上のお湯に1分以上の加熱をすると、より予防が確実になります。

 

食中毒の二次感染防止対策とは

家族で細菌性の食中毒にかかった人がいる場合は、食事した場所で同時にかかることがほとんどで、後から感染するということは少ないです。

二次感染で注意するのはウイルス性の方で、ノロウイルスは感染経路も多く感染力も強いので、家族がかかってしまったら対策をしなければいけません。

 

下痢や嘔吐したものを直接触らないことや、部屋が汚れた場合は塩素漂白剤を薄めたもので掃除する必要があります。

 

またホコリに付着したウイルスで感染することもあるので、

なるべくノロウイルスにかかった人は部屋を変えて隔離をすること

罹っていない人もマスクをすること

トイレが複数ある場合には分けて使用すること

 

などを注意して、二次感染を防ぎましょう。

 

 

まとめ

 

怖い食中毒のお話でしたが、ノロウイルスと食中毒の違いはわかりましたか?

ニュースで耳にすることは多いと思いますが、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

私も以前テレビでO-157にかかった人の再現ドラマを見て、本当に怖いものなんだと改めて思った記憶があります。

とにかく、症状が出たらすぐに病院へ駆けつけるようにしましょう。

 

それでは今回のポイントをおさらいしますね。

POINT

□食中毒は感染性の胃腸炎のことで、ノロウイルスはその原因となるウイルスのことである

□夏は細菌性、冬はウイルス性が流行する

□細菌性はかかった細菌によって症状や潜伏期間なども異なる

□ノロウイルスの場合は激しい嘔吐と下痢が数日続く

□食中毒の症状が出たり、疑いがある場合は下痢止めなど服用せず、すぐに病院へ行くこと

□細菌性の場合は細菌が付着した食べ物や調理器具、箸などから感染していく

□ウイルス性は人から人への感染となり、飛沫や接触感染など感染経路も多く、感染力も強い

□食中毒の予防は、なるべく加熱調理したものを食べることで、できれば調理器具も加熱すると理想である

□二次感染防止は、下痢や嘔吐したものの処理をきちんと行うことや、飛沫感染、接触感染をしない対策をすること

 

生ものは私も好きですが、なるべく体が元気な時に食べるようにして、食中毒の流行る季節などは避けた方が良いかもしれませんね;

 

怖い食中毒ですが、手洗いうがいをとにかくしっかりと行い、まずは予防をきちんとしましょう。

 

ではまた^^

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です