インフルエンザの頭痛がひどい時にロキソニンやカロナールはNG?効果的な方法も!

 

インフルエンザにかかって高熱や嘔吐などの辛い症状があるのに・・・頭痛がひどいという人が多いようです。

私も熱と頭痛には悩まされた経験がありますが、実はインフルエンザの時にはむやみに鎮痛薬を飲むことができません。

そもそもなぜインフルエンザの時に頭痛がひどくなるのかということと、インフルエンザの時でも服用できる痛み止めを紹介しますね。

鎮痛薬として有名なカロナールやロキソニンについても説明しています。

ぜひ参考にしてください^^

インフルエンザの時に頭痛がひどいのはなぜ?

体がインフルエンザと戦い、やっつけようと必死になるとプロスタグランジンと言うものが分泌されます。

?????

はい、難しいので詳しく説明しますね^^笑

プロスタグランジンとは第三のホルモンとも言われていて、人間の体のほとんど全ての機能を支配しているお方なのです。

それは呼吸、出血、炎症、化膿なども含まれ、免疫の機能や心臓の機能、消化、生殖、体温調節などなどに及びます。

このお方については書いていると膨大な量になってしまうので、この辺で省略しまして;

とにかく「体に大切なホルモン」とだけ覚えておいてください^^;

それで話を戻すと、インフルエンザにかかった時にウイルスをやっつけるため、このプロスタグランジンは体内で戦ってくれているんですね。

その作用の一つに、発熱や血管を拡張してウイルスの増殖を抑えるというものがあります。

だから熱が出たり、関節痛や頭痛と言った症状が起こってしまうんですね。

ちなみにその痛みがどれくらい続くかという目安ですが・・・

個人差はあるものの、7日から10日程度で治るようです。

熱は3日~5日で下がりますから、そのタイミングで治まる人もいるようですよ。

私も大体熱が下がると痛みも治まることが多いです^^

インフルエンザの時にロキソニンやカロナールがNG?!

実はインフルエンザの時に鎮痛剤をむやみに服用してしまうと、インフルエンザ脳症を起こす可能性があるので、十分注意が必要です。

インフルエンザ脳症とは

インフルエンザ脳症は、インフルエンザの感染に伴い急激に発症し、神経細胞など脳に障害をもたらし、時には全身の諸臓器も障害を受ける(多臓器不全(たぞうきふぜん))、重い疾患です。

(参考元:Yahoo!ヘルスケア

https://medical.yahoo.co.jp/katei/250326000/?disid=250326000)

では、そんなインフルエンザの時でも服薬できる鎮痛薬について説明しますね。

カロナールは子供でも服用できる効果が穏やかな薬で、インフルエンザの時も服用は可能です。

ただ、ロキソニンは未成年が服用した際にインフルエンザ脳症となってしまった事例がある為、医師や薬剤師でも判断が分かれることがあります。

成人であれば処方されることもあるようです。

インフルエンザの時の鎮痛薬については、こちらでも市販薬など詳しく紹介しています。

▼関連▼インフルエンザの時でも服用できる鎮痛剤とは!

例えば同じノーシンでも、ノーシンは服用できませんがノーシンピュアならOKということもあります。

ぜひ参考にしてくださいね^^

処方された薬以外を服用する時は、念のため薬を処方した薬局へ確認するようにしてください。

インフルエンザ時の鎮痛剤の効果的な飲み方とは

やはり一番安心なのは、病院で診察をした際に鎮痛薬を処方してもらうのが一番です。

でも、急に頭痛がひどくなったり、生理になってしまった時はどうしても鎮痛剤が必要になることもあると思います。

市販薬はネットでも買えますので、処方薬を受け取った薬局に電話で確認するなどしてから服用するようにしましょう。

また痛みに効果的な方法としては、冷やすのがおすすめです。

熱が出ている場合はアイスノン等を使っていると思いますが、保冷材にタオルやガーゼを巻いたものを痛む部分に直接当てるのも効果的です。

血管の拡張を抑えて痛みを和らげることができます。

薬の服用とあわせると効果的なので、ぜひ試してくださいね。

まとめ

インフルエンザの時に頭痛がひどい時の原因や、服用できる鎮痛剤の紹介でした。

辛い症状が重なると本当にしんどいと思いますが、きちんと服用できるものを確認して症状を和らげましょう。

では今回のポイントをおさらいです^^

POINT

□インフルエンザの時に頭痛がひどくなるのは、体がインフルエンザウイルスと戦っているために起こる

□インフルエンザの時に鎮痛薬としてカロナールは服用してもOKである

□ロキソニンは医師や薬剤師によって判断が分かれる薬であるが、成人の場合にはインフルエンザ中でも処方されることはある

□処方された薬以外を服用する時には、薬を処方された薬局に確認するのがおすすめ

□頭痛は鎮痛薬を服用する以外にも、痛む場所を冷やすことでも効果がある

頭痛は辛いですが、体がウイルスと戦っている!と思うと、正常な反応と言えるのかもしれませんね;

熱が下がるまでの辛抱ですので、ぜひ鎮痛薬で乗り切りましょう!

ではまた^^

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です