インフルエンザで生理が遅れる?早まる?生理痛の薬・ロキソニン等は服用できるか

インフルエンザにかかってしまった時、まさかの生理でダブルパンチ!

女性なら本当にツライことですよね。高熱の関節痛に生理痛と、痛みもしんどいと思います。

そんなインフルエンザの時に服用できる生理痛の薬の情報を集めました。

インフルエンザの時はむやみに解熱鎮痛剤は飲めないので、注意してくださいね。

またインフルエンザで生理が遅れる、早まる、止まる、長引くなど、生理不順になる人も多いようです。

私も生理と体調不良についてはずっと気になっていまして^^;

今回は生理前の体のしくみなども掘り下げていますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

インフルエンザで生理が遅れる?早まる?

一般的にインフルエンザウイルスが生理周期に影響を与えることはないとされています。インフルエンザの治療薬の副作用にも、生理不順は報告されていないようです。

ただ、実際にはインフルエンザにかかることで生理に影響があった人は多いようですね。

なぜそんなことが起こるのでしょうか?

詳しく説明していきますね。

体調を崩しやすい生理前の体のしくみ

これはインフルエンザに限った話ではないのですが、生理前というのは体調をくずしやすい時期なんです。

実際に私も生理前は風邪を引きやすく、高熱を出したりということが多いです。

ではなぜそうなってしまうのか。

実は東洋医学の世界では、生理前は「気・血・水」のめぐりが悪くなるとされています。

気は精神的なことであり、血は血液、水とは水分です。

PMSの症状が出てしまうのも、このためですね。

女性ホルモンのプロゲステロンも、生理前は妊娠に備えるため、体内の血液と水分を集めるはたらきをするので代謝も悪くなります。

そのため、生理前は精神的に不安定になったり、むくみの症状も出やすいですよね。

他にも疲れやすかったり、体の老廃物もたまるので免疫の働きも衰えます。

すると風邪やインフルエンザのようなウイルスに感染しやすくなってしまうんですね。

生理が遅れる・早まる・こない・止まる理由は?

ホルモンのメカニズムと言うのは、ものすごーく複雑で繊細なものです。

難しい説明は省略しますが、精神的なストレスや肉体疲労を感じただけで生理は不順になります。

インフルエンザで体調を崩して「しんどい~ツライ~早く元気になりたい~」とストレスを感じて、体力も消耗している状態では、生理は乱れやすくなるということです。

そのため、生理が遅れたり早くなったり、止まってしまうと言ったホルモンバランスの乱れが起こってしまうと考えられます。

生理ナプキンで有名なソフィのサイトが参考になったので、一部文章を簡単にして記載しますね。

生理が遅れる(=生理周期のサイクルが長い)場合は、卵巣の働きが不十分で、ホルモンが順調に分泌されていない可能性があります。

反対に、生理が早まる(=生理周期のサイクルが短い)場合は、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモンバランスの乱れが考えられます。

(参考元:http://www.sofy.jp/library/04-1.html)

 

他にも生理が長引いたり、止まってしまう場合には、インフルエンザとは関係なく婦人科系の病気の可能性もあります。

気になる症状があったら、インフルエンザが治った後に病院で診てもらいましょう。

インフルエンザの時に生理痛の薬は飲んでも良いの?

生理ってただでさえツライのに、インフルエンザにもかかってしまったら本当にしんどいと思います。

生理痛と高熱の関節痛が重なったら、私は耐えられそうにありません(泣)

そんな時は早く生理痛を和らげたいですよね;

でも、インフルエンザ中むやみに解熱鎮痛剤を飲むと、インフルエンザ脳症となった事例もあるので、くれぐれも注意してください。

インフルエンザ脳症

 インフルエンザ脳症は、インフルエンザの感染に伴い急激に発症し、神経細胞など脳に障害をもたらし、時には全身の諸臓器も障害を受ける(多臓器不全(たぞうきふぜん))、重い疾患です。

(参考元:Yahoo!ヘルスケア

https://medical.yahoo.co.jp/katei/250326000/?disid=250326000)

ではインフルエンザの薬を飲んでいても服用できる鎮痛剤を紹介します!

インフルエンザ中に服用してもOKな鎮痛剤

成分名

・アセトアミノフェン

・イブプロフェン

・イソプロピルアンチピリン

薬品名

・イブ

・バッファリンルナ(バッファリンAはNG!)

・ノーシンピュア(「ノーシン」はNG!)

他、カロナール、アンヒバなど

上記の薬は比較的弱めの薬です。

効果はおだやかですが副作用も少ないので安心して飲めます。

インフルエンザの発熱にも適しているので、生理痛と両方に効果が期待できますね。

インフルエンザ中に服用してはいけない鎮痛剤

先ほども書きましたが、インフルエンザ脳症の可能性があるため、インフルエンザ中は禁止されている薬があります。

それはNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)という種類の中のサリチル酸系+aと呼ばれる種類の解熱鎮痛剤になります。

以下の薬はインフルエンザ中は服用できませんので、十分注意してください。

成分名

・アスピリン・アセチルサリチル酸(バイアスピリンなど)

・サリチル酸ナトリウム

・サザピリン

・サリチルアミド

・ジフルニサル

・ジクロフェナク

・メフェナム酸

薬品名

・バファリンA(バッファリンルナはOK!)

・エキセドリンA

・ボルタレン

・ポンタール

・PL配合錠

・エテンザミド

・ノーシン(ノーシンピュアはOK!)

・新セデス錠

・ナロン錠

インフルエンザ中のロキソニンは賛否両論!

解熱鎮痛剤で有名なロキソニンですが、ロキソニンに含まれるロキソプロフェンは意見がさまざまです。

実はロキソニンは未成年がインフルエンザ中に服用して、インフルエンザ脳症を発症した例があるのです。

病院によっては成人だと処方されることもあり、成人であれば問題ないという見方も多いですが、インフルエンザ中にロキソニンは処方しないというところもあるようです。

個人的には、鎮痛剤はロキソニンだけではないので、念のため他の薬を服用した方が安心かなとは思います;

ただインフルエンザにかかった直後に生理がきてしまい、家にはロキソニンしかない!ということもあるかもしれません。

そんな時は、インフルエンザの薬を処方してもらった薬局に連絡すれば、細かい説明を受けることができます。

薬のトラブルは本当に怖いので、上で服用可能と記載した薬でも、処方された薬以外を飲むときには必ず薬剤師さんに連絡することをおすすめします。

まとめ

インフルエンザで生理が遅れる、早まる理由と、生理痛の薬は飲んでも大丈夫なのか、というお話でした。

女性の体って本当に繊細なんだなぁと改めて感じました^^;

では今回のポイントをおさらいです。

POINT

□生理前は体調を崩しやすい時期なので、インフルエンザなどのウイルスにもかかりやすくなる

□疲労やストレスから生理不順になるため、インフルエンザにかかった時は生理不順になりやすい

□インフルエンザウイルスやインフルエンザの薬の影響で生理が不順になることはない

□インフルエンザ中にむやみに解熱鎮痛剤を飲むとインフルエンザ脳症になる可能性がある

□インフルエンザの時に服用しても可能な解熱鎮痛剤は、イブ、カロナール、アンヒバ、バッファリンルナ、ノーシンピュアなどの薬である

ただ、処方された薬以外を飲む際には薬を処方された薬局に連絡して確認するのが良い

□ロキソニンをインフルエンザ中に服用するのは、意見がさまざまである

インフエンザ中に生理になってしまうのは本当にツライことですが、薬の服用は慎重に慎重を重ねましょう。

また生理前は体調をくずしやすい時期なので、なるべく体を休めてウイルスや感染症にかからないように予防もしっかりと行っていきたいですね^^

ではまた。

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

▼インフルエンザ関連▼

インフルエンザ予防接種2017-2018の型と料金、副作用や時期について

インフルエンザで外食はOK?うつるからNG?外出できないときの食事対策はコレ!

インフルエンザの時は食欲ある?食欲不振が続く理由といつまで戻らないか調べてみた!

インフルエンザの時は牛乳を飲んでも良い?牛乳アレルギーや薬との飲み合わせについて

インフルエンザでもチョコレート食べたい!予防や効果はあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です