不眠症を改善してアレルギー症状を予防しよう

 

 

疲れているのになかなか眠れない。

頭が冴えてしまって眠れない。

寝ても疲れが取れない。

 

こんな経験はありませんか?

睡眠は体を休める大切なものです。

しっかり寝ているはずなのに疲れが取れないなんて不思議ですよね。

睡眠不足はアレルギー症状も悪化させます。

ぐっすり眠って体を元気にしましょう。

 

 

なかなか眠れない理由とは?

 

 

布団に入ってもなかなか眠れない、その理由の大きな一つは自律神経です。

ここでも出てきましたね(笑)

いつもブログに自律神経のことを書いているような気がしますが(汗)

それだけ体にとっても大きな役割をしているということです。

さて、リラックスしている時は副交感神経が優位になっていることは

再三書いています。

しかしなかなか眠れない人の多くは、夜、交感神経が優位になっていることが多いです。

 

例えば・・・

● 疲れて帰ってきたのに家で仕事をする

● 職場であった嫌なことを悶々と思い返して嫌な気分になる

● 寝る直前までテレビやスマホを見ている

● 夜型の生活をしている、昼寝をたっぷりする

● テンポの速い曲を聞いてノリノリに踊る(笑)

 

など、これらの行動は交感神経を優位にしてしまいます。

脳も体も活動的なモードになってしまったら

リラックスもできなければ眠ることも難しいですよね。

病気が原因で不眠症になる場合もありますが、

そうでない場合は自律神経の影響で寝付けないことがあげられます。

 

自律神経についてはこちらもどうぞ

<過去記事>アレルギーを発症させたくない~自律神経の整え方~

 

夜型人間になってしまっている!と言う方はこちらも。

<過去記事>朝型人間になってアレルギー症状を緩和させよう

 

 

 

寝ているのに疲れが取れない原因

 

 

また、きちん眠っているのに疲れが取れないという場合。

これも病気が原因でなることもありますが、

そうでない場合は以下の原因が考えられます。

食生活の乱れ

胃腸の疲れ

ストレス

 

食生活の乱れは胃腸の疲れに繋がりますが、

ここではあえて別に書いておきます。

食生活の乱れとは、脂っこい食事や塩分の多い食事が多いこと。

他には寝る直前まで食事をしていることや、

アルコールを大量に摂取することも挙げられます。

こういった食事が胃腸に負担をかけるため、

寝ている間も体はゆっくりと休むことができないわけですね。

 

私もこれは実体験済みでして・・・

大好きなホルモン屋さんに行ってたらふく食べた翌日

ものすっっっごく体がだるくてびっくりしました(汗)

相当脂っこい食べ物ばかり食べたので、

(コプチャン、カルビなどの肉+白米・・・笑)

胃腸にかなりの負担がかかったということですね。

それにしても今まではこんなことなかったのに、

ついに歳かな・・・(笑)

ま、ちょっとお高いお店なので年に2回位しか行きませんが

今度からは食べ方も見直そうと思いました。

 

話は逸れましたが、ストレスの話。

ストレスを抱えていると胃腸にも負担がかかりますし、

ぐっすり眠ることも難しくなります。

交感神経が優位になって眠れないことはもちろん、

眠っていても何度も夜中に目を覚ましてしまったりします。

誰でも辛いことがあった時に経験があることかもしれませんが、

これが日常的に続くとやはり問題ですよね。

夜は特に考え事や悩み事をしていても、暗い方に考えてしまいがちです。

なるべく明るい気持ちで眠れるようしましょう。

 

 

 

脳にも体にも「眠る準備」をしてもらおう

 

 

一番効果的なポイントは、寝る前に入眠儀式を取り入れること。

眠る前に毎日同じことを繰り返すうちに、

それが習慣となり、体も自然と眠る準備になります。

 

例えば・・・

 

 お風呂で体を温める

 ストレッチをして体をほぐす

 カモミールなどのリラックス効果のあるハーブティーを飲む

 (白湯でも良いですよ)

 部屋を暗くする、スマホやテレビを見ない

 

こういったことを続けるうちに、副交感神経も優位になり

また脳も体も「眠る準備」してくれるようになります。

 

と、同時に、普段の生活では以下のことも心がけてみてください。

 

 寝る前は楽しいことを考えよう。

今日楽しかったことなど、ノートに書いても良いですね。

なるべく嫌なことやイライラすることは考えないように。

 

 寝苦しい時はアイスノンも試して。

私が眠れない時にとても効果がありました。

頭は冷やしても首は絶対に冷やしちゃダメですよ。

 

 夕飯は胃腸に負担がかからないメニューで。

夕飯を食べた後は眠るだけです。

消化に良い食べ物を腹八分目にしましょう。

 

眠れない理由はそれぞれですが、自分がどのタイプに当てはまるのか

考えてみてくださいね。

私も長年不眠症でしたが、今ではぐっすり眠れています。

特にストレッチは良いですよ。

体を伸ばしているうちに眠くなってきます(笑)

マッサージと同じですね。

 

治らないと思わずに、いろいろ試してみましょう。

 

 

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です