接触性皮膚炎とは~症状や原因と治療~

 

洋服を着ていると肌がチクチクする、アクセサリーをつけていると肌が赤くなる。

このような症状を接触性皮膚炎と言います。

一般的にかぶれと呼ぶことが多いアレルギー症状です。

 

症状

原因となるものに触れた後、皮膚が赤くなったり、チクチクしたり、かゆみが出たり、発疹が出たりします。

症状がひどいと腫れたり、やけどのように大きな水疱が出ることもあります。

 

原因

接触性皮膚炎の原因は「刺激性」「アレルギー性」に分かれます。

「刺激性」は誰でも起こりうる症状です。

例えばハチに刺されるとその毒でほぼ全員が症状を引き起こします。

対して「アレルギー性」は、同じものに接触した人でも、アレルギーを起こす人と起こさない人がいるということです。

 

「刺激性」の原因

昆虫や植物などの、洗剤に含まれる強力な成分です。

洗剤に含まれる強力な成分とは、酸やアルカリなどの化学物質が挙げられます。

 

「アレルギー性」の原因

身の回りの様々なものが原因で、個人差があります。

金属(金、銀、銅、クロムなど)や、化粧品、シャンプー、ヘアカラー剤、防腐剤、ゴム製品、香料、化学繊維、植物(うるし、アロエ、イチョウなど)が挙げられます。

 

治療

皮膚に症状が現れたら、まずその原因を探すことから始めましょう。

接触してすぐに症状が現れることもあれば、数時間経ってから症状が出ることも。

時間をさかのぼって確かめる必要があります。

皮膚が赤くなってしばらくすると治まる程度なら軽い症状と言えますが、それ以上の症状が現れた場合は、医師へ相談して早めの治療を受ける必要があります。

炎症やかゆみがある場合にはステロイドの塗り薬を使用したり、症状がひどい場合は飲み薬として抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を使用します。

 

原因が特定できれば、その原因物質と接触しないことで防ぐことができるので、まずは原因を特定することが大切です。

  

予防

一度接触性皮膚炎を起こすと、同じ原因物質にはほぼ一生皮膚炎を起こすようになります。

もともとアレルギー体質の人や、何度か接触性皮膚炎を起こしている人であれば、病院での検査でアレルゲンを把握しておくことも予防になりますよ。

検査はパッチテストと言って、疑わしい物質を肌に貼付して反応をみるものです。

あらかじめ自分がどんなもので皮膚炎を起こすのかわかれば、接触を控えることができますからね。

 

他にも、日常生活で掃除をする際にはゴム手袋を使用して洗剤を触らないことや、汗や水仕事をする際にはアクセサリーをはずすことなども、十分予防になります。

金属は水に触れるとアレルギー反応を起こしやすくなるんですよ。

また肌の外側と内側からのケアで肌バリアの機能を強めることも、長い目で見るとアレルギーの予防になります。

 

 

接触性皮膚炎と聞くととても重大な病気のように聞こえますね(笑)

私もタートルネックなどの洋服でよくチクチクを経験するので、洋服は必ず

試着をして確認しています。

直接肌に触れる下着も綿にするとか、気をつけています。

あとは夏場のアクセサリーも危険ですねぇ。

暑くなってくるとネックレスやペンダントはほとんどつけられません(泣)

でもこうやって原因がわかると対策も練ることができるので、原因をきちんと把握してなるべく快適に過ごしたいですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です